海外の方へ 東根観光の概要

コース4:「近代化産業遺産」関山の歴史に触れる旅

コース

さくらんぼ東根駅発⇒(18分)⇒文学の杜(正岡子規、長塚束、国木田独歩の石碑)⇒(5分)⇒関山大滝(殉難の碑)⇒(12分)⇒黒鳥公園(最上十九番札所)⇒(10分)⇒成田山神社⇒(5分)⇒さくらんぼ東根温泉(足湯)⇒(15分)⇒さくらんぼ東根駅着

所要時間

約2時間30分

みどころ

文学の杜・正岡子規の句碑

仙台からこの関山街道を辿り数々の句を残した正岡子規と長塚節や、「関山越」の短編小説を書いた国木田独歩の句碑が建つ文学の杜。近くには、高さ25mの大滝や幹廻り17.2mの大カツラなどのスポットも。
正岡子規が奥羽行脚の旅に出たのは、明治26年7月、27才の青年のときで、子規の「はて知らずの記」はこの旅行記で生涯中最も長い旅で約1ヵ月を費やしている。
山形県に第一歩を印したのは東根市で関山峠における数多い俳句の中から、「雲にぬれて関山越せば袖涼し」東根温泉50周年記念行事の一端として、昭和35年8月6日竣工した。

関山大滝

滝の高さ10m、巾15m能因法師、正岡子規など足跡を遺している。
附近に県指定天然記念物大かつらがある。
国道48号線に沿い、附近の山峡は奇岩にそそり怪石に富み豪快な流れは夏の暑さを忘れさせる。
秋には見事な紅葉を見ることができる。
すぐそばには、山形県天然記念物指定の巨木「大カツラ」がある。

旧関山隧道と殉難の碑

関山峠に道が出来たのは、明治15年の秋である。
山形県最初の県令三島通庸のもと、地元の熱意により関山総代などが陳情し伊藤博文が現地を視察するなどして着工が決まったのでした。
その工事は、石をきりを砕く難工事で明治13年7月21日宮城県坂下で火薬爆発が起きたのである。
即死者22名、胎児・重傷者8名、軽傷者数名という全員地元関山の住民だったのである。
この旧関山隧道は、平成21年2月国の近代化産業遺産に認定されました。
先人達の苦労を忍び是非訪ねてみてはいかがでしょうか。

黒鳥観音

山全体が公園、市内の展望が良い。
山腹に最上三十三観音十九番礼所の霊場がある。

さくらんぼ東根温泉 足湯

東根の歴史に触れた後は、さくらんぼ東根温泉の足湯で疲れを癒してください。
東屋風の屋根付きスペースもありますので、雨の日でも大丈夫ですよ。

お問い合わせ・お申し込みは

一般社団法人 東根市観光物産協会
〒999-3720 山形県東根市さくらんぼ駅前一丁目1番1号
TEL 0237-41-1200