海外の方へ 東根観光の概要

4.観光案内所の機能強化

本市の玄関口として観光情報の収集発信に努め、良質な観光サービスの提供に努めました。

(1)観光案内所の運営

広域的な観光情報や公共交通情報、二次交通等を含めた地域情報の案内に努めさくらんぼトップシーズンにおいては、臨時観光案内所を設置運営し、観光客の利便性向上と観光情報の発信、観光案内の強化を図りました。また、JNTO認定外国人観光案内所として「カテゴリーⅠ」を取得し、外国人観光客の受入体勢整備に努めております。

  • 臨時観光案内所運営 6月11日(土)~7月3日(日)

(2)さくらんぼ狩りモーニング&アフターサービスキャンペーン

国土交通省による国道48号線渋滞緩和対策事業と連携し、さくらんぼ狩り入園料のサービスやさくらんぼ東根温泉の利用拡大に努めました。また、さくらんぼ狩り入園者を対象とした抽選会を実施し、本市さくらんぼ狩りの魅力向上を図りました。

  • モーニングサービス受入人数 3,224人( 9:00~10:00入園受付)
  • アフターサービス受入人数 83人(14:00~15:00入園受付)
  • 抽選会参加者数 4,578人

(3)レンタサイクル貸出事業

さくらんぼ東根駅からの二次交通の一つとして、レンタサイクル貸出事業を継続することで、お客様の利便性向上を図りました。

  • 貸出期間 4月11日(月)~11月30日(水)

(4)着地型旅行商品の企画及び催行受入

旅行エージェントと連携したまち歩き散策や予約無しで参加できる駅からハイキングなど、着地型旅行商品の企画及びツアー催行時における観光ボランティアガイドの手配や受入施設との調整など、観光サービスの提供に努めました。また、国の地方創生促進事業を活用し、中京圏からのスキーツアーの企画催行により、黒伏高原スノーパーク・ジャングル×ジャングル並びにさくらんぼ東根温泉への誘客拡大、名古屋便の利用拡大に努めました。

  • ウィンタースポーツツアー
    2月6日~3月13日期間中の12回(1泊2日)
    催行人数109人(前年度61人)