海外の方へ 東根観光の概要

5.部会・関係団体事業等

(1)観光果樹園部会

 さくらんぼ観光果樹園への入園者数の拡大を目的とした広報宣伝及び外国人観光客の拡大を見据えた受入態勢の整備に努めておりましたが、新型コロナウィルス感染症の影響から、4月中旬からの温室さくらんぼ園の開園自粛のみならず、6月のさくらんぼトップシーズン、桃狩り、ぶどう狩り、りんご狩りにおいても開園を自粛いたしました。ふるさと納税返礼品の取扱いにおいては、「東根さくらんぼ」を中心に桃やぶどう、りんご、ラ・フランスの取扱いをおこない、部会員の販路拡大、所得向上に努めて参りました。

(2)さくらんぼ東根元気応援事業(※新規)

 さくらんぼ観光果樹園の開園自粛を受け、「東根産さくらんぼ」の受注販売に取り組み、観光果樹園部会員のさくらんぼの販路拡大を図りました。
 ・販売商品 東根産さくらんぼ佐藤錦1kgバラ詰め
 ・販売数量 1,743箱(一般受注)
        476箱(ふるさと納税返礼品特別販売)
    合計 2,219箱

(3)物産振興部会

 ふるさと納税返礼品として部会員の商品を企画提案、販路拡大に努めました。また、県民県内お出かけキャンペーンやひがしね満福事業等と連携した販売促進事業に取り組むとともに、部会員を紹介したリーフレットを作成し、ふるさと納税返礼品に入れ込む等、部会員のPRに努めて参りました。

(4)さくらんぼ東根二次交通推進委員会

 さくらんぼシーズン最盛期に例年運行している観光乗合いタクシー「さくらんぼ狩りっとくん」の運行は、さくらんぼ観光果樹園開園自粛を受け、今シーズンは中止いたしました。

(5)Higashine Sweets Club

 事業の見直しにより、既存のパンフレット等の素材を活用し、当協会ウェブサイトやSNS等でクラブ会員を紹介する準備を進め、東根産フルーツのブランド力向上と「果樹王国ひがしね」のPR、市内周遊機会の拡大を図りました。

(6)観光ボランティアガイド「果樹王国ひがしね案内人の会」

 国指定特別天然記念物・東根の大ケヤキや東の杜、名所旧跡等を中心としたまち歩きを観光ボランティアガイドとして案内することで、観光客の満足度向上に努めるとともに、受入態勢の整備促進を図って参りました。また、今年度は、観光ボランティアガイドの依頼が激減していることから、新しい生活様式の中での観光ガイド対策を講じるとともに、会員による研修会による資質向上に努めました。

(7)ふるさと納税返礼品取扱事業

 東根市へのふるさと納税寄附者に対しての返礼品として、バリエーション豊富な本市特産品を提案するとともに、「東根さくらんぼ」を中心とした季節のフルーツの受注拡大を図り、地域ブランド力の向上と市内特産品の販路拡大、会員及び本協会における収益確保に努めました。当協会オリジナル商品である「チェリーピロー ヌ・クイーズ」についても従来通り受注販売を継続しております。
 ・受注数状況 12,326件(685件増)
<月別状況>                                  (単位:件)

年度4月5月6月7月8月9月上期計
R2年度5057224,9159315856168,274
H31年度6142165,0862074935777,193
年度10月11月12月1月2月3月下期計
R2年度3399631,1321,1723494974,052
H31年度2189879111,6362154814,448