海外の方へ 東根観光の概要

2.観光イベントにおける魅力発信事業

「さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ」や「た~んとほおバルフェスタinひがしね」を軸に、本市の魅力を発信する観光イベントを開催しました。

(1)さくらんぼ観光果樹園オープニングセレモニー

  • 開催期日 4/19(金)
  • 開催場所 神町りんご研究所
  • 開催内容 全国に先駆け「さくらんぼ観光果樹園」のオープニングセレモニーを開催し、メディア等を通した情報発信と誘客宣伝を図りました。また、果樹王国ひがしね6次産業化推進協議会と連携した「ふるさと名物応援宣言」を行い、中小企業庁の支援を活用し、さくらんぼ生産者と地元中小企業の連携促進を図りました。

(2)ひがしね投稿!インスタ映えコンテスト2019

  • 開催内容 本市の魅力をプリント写真やインスタグラムで募集するフォトコンテストを開催し、まちの写真家やフォロワーを通しての魅力発信を図りました。
  • 募集期間 5/1(水)~12/31(火)
  • 応募点数 プリント部門43点(前年度51点)
         インスタ部門74点(前年度205点)

(3)さくらんぼ種飛ばし仙台グランプリ2019(実行委員会事業)

  • 開催期日 5/6(月・祝)
  • 開催場所 仙台市・勾当台公園市民広場
  • 開催内容 6月のさくらんぼシーズン最盛期における本市への観光誘客や魅力発信を図る為、仙台市の中心街において仙台グランプリを開催しました。
  • 来場者数 約4,700人(前年度約4,700人)
  • 種飛ばしエントリー数 784人(前年度1,015人)

(4)さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ2019(実行委員会事業)

  • 開催期日 6/9(日)
  • 開催場所 東根市民体育館・第一駐車場
  • 開催内容 「東根さくらんぼ」を使用したワールドグランプリを開催し、地理的表示(GI)保護制度登録の認知度及びブランド力の向上と観光誘客拡大、国際交流への意識啓発、促進を図りました。
  • 来場者数 約5,500人(前年度約5,500人)
  • 種飛ばしエントリー数 911人(前年度1,100人)

(5)第31回東根さくらんぼゲートボール全国大会(実行委員会事業)

  • 開催期日 6/12(水)~6/13(木)
  • 開催場所 大森山公園多目的広場
  • 開催内容 ゲートボール大会の開催を通して、本市の魅力発信とさくらんぼ東根温泉への宿泊客拡大に努めました。
  • 参加チーム数 県外22チーム、県内18チーム、合計40チーム
           (前年度県外27チーム、県内16チーム、合計43チーム)
  • 宿泊者数 延べ215人(前年度延べ253人)

(6)た~んとほおバルフェスタinひがしね2019(実行委員会事業)

  • 開催期日 9/13(金)~9/15(日)
  • 開催場所 東根市民体育館・第一駐車場
  • 開催内容 秋の風物詩として定着したグルメイベントを開催し、本市の魅力を発信するとともに、ドイツオクトーバーフェストの要素を組み入れ国際交流に対する意識啓発を図りました。
  • 来場者数 32,600人(前年度31,600人)
  • 食事チケット売上額 11,740,000円(前年度11,386,000円)

(7)第37回最上川舟唄全国大会・第24回少年少女民謡大会(実行委員会事業)

  • 開催期日 10/6(日)
  • 開催場所 東根市さくらんぼタントクルセンター
  • 開催内容 日本を代表する民謡「最上川舟唄」の日本一を競う大会を開催し、出場者並びに来場者に対して、さくらんぼ東根温泉の利用拡大と魅力発信に努めました。
  • 出場者数 県外11人、県内73人、合計84人(前年度県外6人、県内70人、合計76人)

(8)東根のひな飾り2020(実行委員会事業)

  • 開催期日 郷土料理梅ヶ枝清水 1/20(月)~4/3(金)
         壽屋寿香蔵野守の宿 2/14(金)~4/3(金)
  • 開催内容 2つの施設で本市に伝わるひな飾りを通した観光誘客に努めるとともに、やまがた広域観光協議会と連携した広域スタンプラリー事業に参画いたしました。しかし、拠点施設として計画していた「東の杜」での開催は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から中止といたしました。

(9)おいしい山形空港ウィンターフェスティバル2020(実行委員会事業)

 2/22(土)に、山形空港ターミナルビルを会場に様々な催しを計画、開催する準備を進めておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から中止といたしました。