海外の方へ 東根観光の概要

5.部会及び関係団体事業の推進と商品開発並びに特産品販路拡大事業の推進

観光果樹園部会や物産振興部会等といった各部会や関係団体の事務局として、より発展的な観光物産事業の推進を図り、観光誘客並びに特産品の販路拡大を図りました。

(1)物産振興部会

 各種観光イベント、観光キャンペーンにおける物産販売を通して、市内特産品の販売促進を図るとともに、ふるさと納税返礼品として、部会員製造販売品の企画提案、販路拡大に努めました。

(2)観光果樹園部会

 さくらんぼ狩りへの誘客推進を中心に広報宣伝及びインバウンドを含んだ受入態勢の整備を図るとともに、県さくらんぼ観光果樹園連絡協議会と連携を図り、入園者数拡大を目指しました。結果、さくらんぼ観光果樹園への入れ込み数は、前年度を上回る193,200人(前年度192,200人)を数えました。また、ふるさと納税返礼品における「東根さくらんぼ」を中心に、ぶどうやりんご、ラ・フランスを取扱い、部会員の所得向上、販路拡大を図りました。

(3)Higashine Sweets Club(ひがしねスイーツクラブ)

 東根産フルーツを使用したスイーツを提供する店舗を募り、「東根産フルーツ」のブランド力推進と「果樹王国ひがしね」のPR、市内周遊機会の拡大を目指すとともに、本市への観光誘客拡大を図っております。

(4)観光ボランティアガイド「果樹王国ひがしね案内人の会」

 東根の大ケヤキや名所旧跡を観光ボランティアガイドとして案内し、東根の魅力発信と受入態勢の整備に努めました。また、市民を対象とした市内観光「ウェルカムひがしね」を実施し、本市の隠れた魅力を発信するとともに、後継者の育成、組織強化に取り組みました。

(5)さくらんぼ東根二次交通推進委員会

 さくらんぼシーズン最盛期に観光乗合いタクシー「さくらんぼ狩りっとくん」を運行し、さくらんぼ東根駅からさくらんぼ狩り並びにさくらんぼ東根温泉を周遊できる二次交通を整備することで、利便性向上と観光誘客の推進を図りました。

  • 運行期間 6月16日(土)~7月8日(日)23日間
  • 運行時間 1日5便運行(9:40発・10:40発・11:40発・12:30発・13:30発)
  • 利用者数 499人・21.6人/日(前年度645人・28.4人/日)

(6)オリジナル商品の販売促進とネットショップにおける広報宣伝事業

 さくらんぼの加工品製造過程で不要となったさくらんぼの種を活用した癒やしグッズ「チェリーピローヌ・クイーズ」の販売や楽天市場「果樹王国ひがしねアンテナショップ」での季節のフルーツ販売を通して、果樹王国ひがしねの広報宣伝に努めました。なお、さくらんぼお好み・中濃ソースの製造販売は終了いたしました。

(7)ふるさと納税返礼品取扱事業

 東根市へのふるさと納税寄附者に対しての返礼品として、バリエーション豊富な本市特産品を提案するとともに、受注及び発送の窓口を当協会で取り扱うことで、会員の事務手続きの効率化と、会員及び本協会における収益確保に努めて参ります。また、「東根さくらんぼ」を中心とした季節のフルーツの受注促進を図り、地域ブランド力の向上を目指します。

  • 市内特産品等 13,026件(内、東根さくらんぼ1kg×3,324件)