海外の方へ 東根観光の概要

平成30年度事業報告書

(平成30年4月1日から平成31年3月31日現在)

多様化する観光ニーズや外国人観光客の増加が叫ばれる中、本協会においては、広報宣伝と受入態勢の両輪からなる6つの実施事業を柱に関係機関と連携を図り、観光入れ込み者数の拡大と観光事業の振興、物産の販売促進による地域産業の発展を目的に各事業に取り組んで参りました。

広報宣伝事業においては、公式ウェブサイトやSNS、観光ガイドブック、会報の発行を通して、旬の観光物産情報の発信に努めて参りました。観光イベントや観光キャンペ-ンでは、全国で一足早い「さくらんぼ観光果樹園オープニングセレモニー」を皮切りに、さくらんぼ種飛ばしイベントやた~んとほおバルフェスタを軸とした観光イベント、さくらんぼを中心とした観光PRを友好都市や空路で交流のある都市で開催するとともに、他市町との広域連携事業に取り組み、本市の魅力発信と誘客推進を図りました。

また、本市観光案内窓口の拠点として、観光物産情報や公共交通機関等の情報サービスを通して、ワンストップ窓口機能の強化を図るとともに、さくらんぼシーズン最盛期においては臨時観光案内所を設置し各種事業の受入、サービス向上に努め、着地型旅行商品の積極的な企画を促す為、旅行サービス手配業者としての登録をいたしました。

しかし、一昨年度の県内主要観光地における観光客数調査において、本市は平成28年度1,745千人から平成29年度1,721千人と前年度比98.6%と減少、外国人観光客においても他市町村と比較しても少ない現状にあり、更なる観光振興戦略が急務とされ、そんな背景を考慮しながら、今後は、「観光」は成長戦略の柱であり地方創生への切り札とし、ターゲットに応じた観光プロモーションの強化や受入態勢の整備、地域の魅力の創出などに戦略的に取り組んで参ります。

実施事業