山形県東根市観光ガイド
 
 
 
  • トップ
  • おすすめ!ショッピング
  • 年間イベント
  • お役立ちリンク!
  • 観光物産協会について
 

平成29年度事業計画書

(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)

 旅行者の形態がめまぐるしく変化していく中、他地域の観光地との競争力が求められている今日において、従来の広報宣伝や観光イベント、観光キャンペーンの取り組み内容を精査し質の高い観光資源づくりを目指します。中でも体験観光やウォーキングなどといった、時間をゆっくりと費やす観光ニーズが求められるよう、新年度においては、その観光ニーズや背景を十分に意識し、5年後、10年後の観光地として生き残る明確なビジョンを打ち出すことが必要とされます。
 本市の観光入込者数は、約1,536千人を数えておりますが、近隣市町と明確な魅力の差別化や観光ニーズに合った体験プログラムの観光客へのご提案は十分とは言えません。そのような状況をしっかりと見つめ直し、地域一体となった受入態勢の整備を図るとともに、下記の6つの基本方針を軸に事業展開することで、観光入込者数の拡大及び本市における観光事業の振興と物産の販売促進を図り、地域産業の発展を目的に取り組んで参ります。

基本方針

1.効果的な広報宣伝事業の推進
 発地側を意識した観光パンフレット、ウェブサイト及びSNSを活用した情報発信。

2.観光イベントにおける魅力発信と誘客推進
 「さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ」と「た~んとほおバルフェスタinひがしね」を軸に一年を通して果樹王国ひがしねの魅力をPRする観光イベントを開催。

3.観光キャンペーンにおける魅力発信と誘客推進
 目的と実施内容を精査した上で、効果的な観光キャンペーンの展開。

4.観光案内所の機能強化
 観光案内所として情報集約発信やインバウンド対応、ワンストップ窓口の機能強化。

5.部会及び関係団体事業の推進と商品開発並びに特産品販路拡大事業の推進
 「果樹王国ひがしね」をイメージできる新商品開発や既存特産品の販売促進、販路拡大とふるさと納税返礼品取扱い事業の推進。

6.東根市さくらんぼタント館管理運営事業の推進
 指定管理者として、施設利用者の安全確保と公平なサービスの向上を図るとともに、効率的かつ清潔で円滑な環境整備、施設の管理運営。

実施事業

1.効果的な広報宣伝事業の推進
(1)観光ガイドブック「果樹っchao!+Plus」の発行
 ・発行部数 A4冊子 80,000部/電子ブック掲載併用
       ミニ版 70,000部(新規A4の1/3サイズ)
 ・配布先 近隣温泉地、仙台圏及び関東圏を中心とした旅行代理店、仙台さくらんぼ東根会、東京東根会、市内各所、観光案内窓口、ふるさと納税者ほか

(2)会報「果樹っchao!たぁんとさくらんぼ」の発行
 ・発行予定日 5/15、8/15、11/15、2/15
 ・発行部数 各回18,000部/PDF掲載併用
 ・配布先市 内全世帯、県内観光協会、仙台圏及び関東圏を中心とした旅行代理店、仙台さくらんぼ東根会、東京東根会ほか

(3)ウェブサイト及びSNSを活用した情報発信
 ・実施内容 公式ウェブサイト「ひがしね観光ナビサイト」のリニューアルと「Facebook」に加え、
広域ポータルサイト「town feed」を活用した情報発信、広報宣伝を図ります。

(4)メディア等を活用した情報発信
 ・実施内容 関係機関と連携し、テレビやラジオ、新聞、各種情報誌など様々なメディアを活用した広報宣伝の強化を図ります。


2.観光イベントにおける魅力発信と誘客推進
(1)さくらんぼ観光果樹園オープニングセレモニー
 ・開催期日 4月21日(金)
 ・開催場所 神町りんご研究所
 ・開催内容 全国に先駆け「さくらんぼ観光果樹園」のオープニングセレモニーを開催しメディア等を通した情報発信と誘客宣伝を図ります。

(2)果樹王国ひがしねフォトコンテスト2017
 ・開催内容 果樹王国ひがしねに関した写真を広く募集出来るよう、従来の実施内容を検討し、本市の魅力を発信いたします。
 ・募集期間 4月21日(金)~9月30日(土)

(3)さくらんぼ種飛ばし仙台グランプリ2017(実行委員会事業)
 ・開催期日 5月7日(日)
 ・開催場所 仙台市・勾当台公園市民広場
 ・開催内容 本市に隣接する仙台市でさくらんぼシーズン最盛期前に開催することで、宮城県からの観光誘客の拡大と露地のさくらんぼ狩りシーズンのPRをおこないます。

(4)さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ2017(実行委員会事業)
 ・開催期日 6月11日(日)
 ・開催場所 東根市民体育館・第一駐車場
 ・開催内容 さくらんぼの王様「佐藤錦」発祥の地であり、さくらんぼ生産量日本一を誇る「東根市」を全国に広くPRし、「東根さくらんぼ」のブランド力を推進すべく本市を会場に開催します。

(5)第28回さくらんぼゲートボール全国大会(実行委員会事業)
 ・開催期日 6月14日(水)~15日(木)
 ・開催場所 大森山公園多目的広場
 ・開催内容 本市の初夏の魅力を全国に発信するとともに、さくらんぼ東根温泉への誘客拡大を目的に開催します。

(6)た~んとほおバルフェスタinひがしね2017(実行委員会事業)
 ・開催期日 9月15日(金)~17日(日)
 ・開催場所 東根市民体育館・第一駐車場
 ・開催内容 県内外の「食」が集結するグルメイベントを開催することで、本市の魅力を発信するとともに誘客拡大を図ります。また、本市の「食」の魅力再発掘や新たな地域グルメの創造による6次産業化の促進と地域経済の活性化、広域観光の推進を図るとともに、本市『秋の風物詩』としての確立を目的に開催します。

(7)第35回最上川舟唄全国大会・第22回少年少女民謡大会(実行委員会事業)
 ・開催期日 10月1日(日)
 ・開催場所 東根市さくらんぼタントクルセンター
 ・開催内容 山形県を代表する民謡「最上川舟唄」の日本一を競うこの大会を通じ、全国に「さくらんぼ東根温泉」と「果樹王国ひがしね」の魅力を発信し、本市の観光誘客推進、さくらんぼ東根温泉の利用拡大を図ります。

(8)羽州街道交流会・山形県東根大会(実行委員会事業)
 ・開催期日 10月21日(土)~22日(日)
 ・開催場所 東根市さくらんぼタントクルセンター
 ・開催内容 羽州街道沿線で活動する団体・個人相互の交流を通して、県内外26市町と連携を図り、本市の自然や文化、歴史、産業における地域づくりを活性化させるとともに、本市の魅力を発信し、観光振興と交流人口の拡大を図ります。

(9)おいしい山形空港ウィンターフェスティバル2018(実行委員会事業)
 ・開催期日 平成30年2月中旬
 ・開催場所 山形空港ターミナルビル
 ・開催内容 山形空港を利用した観光誘客の推進、航空機の利用拡大推進を図ります。

(10)果樹王国ひがしね大餅まき大会2018in JANGLE×JUNGLE(実行委員会事業)
 ・開催期日 平成30年2月中旬
 ・開催場所 黒伏高原スノーパークジャングル×ジャングル
 ・開催内容 冬の観光資源PRとさくらんぼ東根温泉の利用拡大、次の観光シーズンへ向けての誘客宣伝を図ります。

(11)対戦型利き酒選手権酒Battle2018
 ・開催期日 平成30年3月上旬
 ・開催場所 六歌仙「蔵参観」会場
 ・開催内容 市内唯一の酒蔵である「六歌仙」で開催する蔵参観において開催し、本市及びさくらんぼ東根温泉への誘客拡大を図ります。

(12)東根のひな飾り2018(実行委員会事業)
 ・開催期日 平成30年2月上旬~4月上旬
 ・開催場所 壽屋寿香蔵・野守の宿/郷土料理梅ヶ枝清水ほか
 ・開催内容 東の杜資料館の改修工事に伴う開催場所の検討も含めて、今後の方向性を共有するとともに、多くの方々に歴史ある雛人形を伝え本市の観光振興、広域観光の促進及び地活性化を図ります。


3.観光キャンペーンにおける魅力発信と誘客推進
(1)果樹王国ひがしねプリンセスによる誘客宣伝キャンペーン
 ・委嘱人数 4人(市職員2人、農協職員2人)
 ・派遣回数 各種観光キャンペーンやトップセールス等、年間約20回出演予定

(2)さくらんぼPR関連観光キャンペーン
 ・実施期日 5月中旬~6月
 ・実施内容 札幌(新千歳)や名古屋(小牧)、大阪(伊丹)といった空路で交流のある都市や新たに観光交流のコネクションがある沖縄市などといった都市において、さくらんぼ観光キャンペーンを果樹王国ひがしね観光物産推進協議会と連携して実施し、さくらんぼ生産量日本一のまち「山形県東根市」を全国にPRします。

(3)J2モンテディオ山形・東根市応援Dayキャンペーン
 ・実施期日 6月中旬予定
 ・実施場所 天童市・NDソフトスタジアム
 ・実施内容 東根市応援デーに合わせて、選手及び来場者へのさくらんぼ佐藤錦プレゼント及びパンフレット配布などで広報宣伝を図ります。

(4)山形交響楽団さくらんぼコンサート2017キャンペーン
 ・実施期日 6月中旬
 ・実施場所 大阪市中央区・いずみホール
 ・実施内容 山形交響楽団特別演奏会とのコラボ企画として、来場者へのさくらんぼプレゼントや会場でのさくらんぼ即売会を実施します。

(5)東京都中央区「さくらんぼ祭り」キャンペーン
 ・実施期日 6月中旬
 ・実施場所 東京都中央区
 ・実施内容 関係団体とともに、さくらんぼ佐藤錦並びに特産品の販売促進と本市への誘客宣伝に努めます。

(6)仙台さくらんぼ東根会対象キャンペーン
 ・実施期日 6月下旬
 ・実施内容 恒例となった、仙台さくらんぼ東根会員を対象とした、日帰りさくらんぼ狩りツアー(第8回)を継続実施し、東根ファンの拡大を図ります。

(7)秋田市「第6回与次郎駅伝」交流キャンペーン
 ・実施期日 7月中旬
 ・実施場所 秋田市内
 ・実施内容 秋田及び本市に藩政時代から語り継がれる伝説の狐「与次郎」と羽州街道を交流機会の一つのツールに、羽州街道交流会の開催と連携した秋田市民との新たな観光交流促進に取り組みます。

(8)朝霞市「彩夏祭」観光キャンペーン
 ・実施期日 8月上旬
 ・実施場所 埼玉県朝霞市
 ・実施内容 災害相互援助協定を締結している朝霞市の恒例イベント「彩夏祭」に参加し、果樹王国ひがしねへの誘客宣伝と特産品の販売促進を図ります。

(9)東京都中央区大江戸まつり盆おどり大会観光物産キャンペーン
 ・実施期日 8月中旬
 ・実施場所 東京都中央区・浜町公園
 ・実施内容 友好都市で開催される恒例イベントへ参加し特産品の販売を通して市内特産品の紹介と販売促進を図ります。

(10)年賀用タントくんデザイン頒布キャンペーン
 ・実施期日 10月下旬~1月中旬
 ・実施内容 タントくんをデザインした年賀はがきの販売と、ダウンロードサービスを実施し、全国に果樹王国ひがしねを発信します。

(11)東根市・河北町観光物産フェアーin月島西仲通り商店街
 ・実施期日 11月下旬
 ・実施場所 東京都中央区・月島西仲通り商店街
 ・実施内容 東根市果樹研究連合会や市内関係機関並びに河北町とともに、首都圏においての観光物産フェアーを開催し、観光誘客並びに特産品の販売促進を図ります。

(12)ウィンター観光キャンペーン
 ・実施期日 12月上旬
 ・実施場所 仙台市内スポーツ店
 ・実施内容 ジャングル×ジャングル並びにさくらんぼ東根温泉への誘客拡大に向けたPRキャンペーンを実施します。

(13)広域観光事業団体と連携したキャンペーン等
 ・実施内容広 域観光諸団体との連携を図り、広域観光キャンペーンや広域周遊企画への参画、北村山地域の広域観光リーフレットの制作などを通して観光誘客の拡大と近隣市町との連携強化を図ります。
 ・主な事業 仙台圏を中心とした誘客キャンペーン
       週末は山形で農園ランチ事業
       地域受入態勢向上支援事業

(14)協賛及び関連事業における観光物産の振興
 ・実施内容 各地で開催される観光イベントや祭り、地域事業などへの協賛、協力とともに本市特産品の出展を通して、交流人口の拡大と市内物産品の販売促進を図ります。
 ・主な協賛、関連事業
  ①山形新幹線「とれいゆ」おもてなしイベント(4/8)
  ②神町自衛隊さくら祭り(4/16)
  ③堂の前公園さくら祭り(4/中旬~5/上旬)
  ④手作りたんとマルシェ2017春(5/27~28)
  ⑤第16回果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会(6/4)
  ⑥第8回国際オウトウシンポジウム(6/5~9)
  ⑦春期トップセールス(6/中旬)
  ⑧さくらんぼ種飛ばし大阪グランプリ(6/下旬)
  ⑨さくらんぼ種飛ばし名古屋グランプリ(6/下旬)
  ⑩神町納涼夏祭り(7/下旬)
  ⑪第48回ひがしね祭(8/10~11)
  ⑫おばけかぼちゃコンテスト山形県大会(9/中旬)
  ⑬手作りたんとマルシェ2017秋(9/下旬)
  ⑭北海道新得町・しんとく新そば祭り(9/下旬)
  ⑮北海道新得町・新とく大雪まつり(10/上旬)
  ⑯六歌仙収穫祭(10/上旬)
  ⑰秋期トップセールス(11/上旬)
  ⑱世界キャラクターさみっとin羽生(11/中旬)
  ⑲東松島市ふれあい観光キャンペーン(11/中旬)
  ⑳朝霞市農業祭り(11/中旬)
  ㉑神町ドリンクテーリング(11/下旬)
  ㉒(仮称)ひがしねウィンターフェス(12/上旬~下旬)
  ㉒ひがしね雪まつり(2/上旬)
  ㉓六歌仙・蔵参観(3/上旬)


4.観光案内所の機能強化
(1)観光案内窓口機能の強化
 本市のみならず広域的な観光情報や公共交通、二次交通等を含めた幅広い地域情報の受発信を強化するとともに、観光物産情報のワンストップ窓口機能の強化を図ります。特にさくらんぼシーズン最盛期においては、果樹王国ひがしね観光物産推進協議会と連携した新たな企画による誘客拡大を目指し、多岐にわたる関係者を一体化して「地域の主体性を持つ」DMO機能を視野に入れ、山形空港発着の空路を活用した着地型旅行商品の造成や気軽に観光が楽しめる散策モデルコース等を造成することで、観光素材の掘り起こしと魅力発信、企画提案をおこないます。

(2)お得な!さくらんぼ狩り新企画Ⅰ
 ・実施期間 6月10日(土)~7月2日(日)
 ・実施内容 加盟観光果樹園でのさくらんぼ狩りにご来園のお客様を対象に、さくらんぼ東根温泉宿泊券や市内飲食店で利用できるお食事券、市内特産品など豪華景品が当たる「大抽選会」を随時開催します。

(3)お得な!さくらんぼ狩り新企画Ⅱ
 ・実施期間 6月10日(土)~7月2日(日)※土日限定
 ・実施内容 ①モーニングサービス
       9:00~10:00にさくらんぼ東根駅1Fの観光案内所で「さくらんぼ狩り入園券」ご購入の場合、
       入園券1枚に付、入園料500円割引。       
       ②アフターサービス 14:00~15:00に観光案内所で「さくらんぼ狩り入園券」ご購入の場合、
       入園券1枚に付、さくらんぼ東根温泉入浴券1枚プレゼント。

(4)さくらんぼ東根温泉『湯ったり朝摘みさくらんぼ狩りプラン』支援事業
 さくらんぼ東根温泉活性化委員会が中心となり実施する「浴衣姿でぶら~り朝摘みさくらんぼ狩り体験」プランのPRと受入側の支援をおこないます。
 ・実施期間 6月21日(水)~7月2日(日)
 ・実施場所 さくらんぼ東根温泉内

(5)インバウンド対応に向けた受入態勢整備
 JNTO認定外国人観光案内所のカテゴリーⅠの申請登録をおこなうとともに関係機関と連携し、外国人観光客の観光ニーズや受入態勢及びプロモーション手法を学ぶ研修会に参加し、インバウンドに対応する受入態勢の整備を目指します。

(6)レンタサイクル貸出事業
 さくらんぼ東根駅からの二次交通の一つとして、レンタサイクル貸出事業を継続することで、お客様の利便性向上を図ります。
 ・貸出期間 4月1日(土)~11月30日(木)

5.部会及び関係団体事業の推進と商品開発並びに特産品販路拡大事業の推進
(1)観光果樹園部会
 本市を代表する観光資源である「さくらんぼ狩り」を中心に広報宣伝及び受入態勢の整備を図るとともに、山形県さくらんぼ観光果樹園連絡協議会と連携を図り、入園者数拡大を目指します。また、ふるさと納税返礼品における「東根さくらんぼ」を中心に東根産フルーツの取扱いを本格的にスタートさせ、部会員の所得向上、販路拡大を図ります。

(2)物産振興部会
 各種観光イベント、観光キャンペーンにおける物産出展による販売促進を図るとともに、ふるさと納税返礼品として部会員の商品を企画提案し販路拡大に努めます。また、もしかの時のセカンドハウス事業、朝霞市民を対象とした優待事業を企画実施するなど、多岐にわたる観光情報の発信と特産品の販売促進、販路拡大に努めます。

(3)さくらんぼ東根二次交通推進委員会
 さくらんぼシーズン最盛期に観光乗合いタクシー「さくらんぼ狩りっとくん」を運行し、さくらんぼ東根駅からさくらんぼ狩り並びにさくらんぼ東根温泉を周遊できる二次交通を整備することで、利便性向上とさくらんぼ狩り観光誘客の推進を図ります。
 ・運行期間 6月10日(土)~7月2日(日)23日間
 ・運行時間 1日4便運行(9:40発・10:40発・12:30発・13:30発)
 ・利用料金 ①乗車券
        お一人様1日1周大人(中学生以上) 500円 子ども・障害者等割250円
       ②さくらんぼ狩りセット(乗車券+さくらんぼ狩り入園券)
        お一人様1日1周大人(中学生以上) 1,500円 子ども・障害者等割1,000円
       ③ひがしね満喫セット(乗車券+さくらんぼ狩り入園券+湯札)
        お一人様1日1周大人(中学生以上) 1,800円 子ども・障害者等割1,300円

(4)観光ボランティアガイド「果樹王国ひがしね案内人の会」
 地域に伝わる歴史的背景を交えながら、東根の魅力発信と受入態勢の整備に努めます。また、研修会や市内案内ツアーの実施を通して、観光ボランティアガイドとしての資質向上と会員拡大、後継者育成、組織の強化を図ります。

(5)Higashine Sweets Club(ひがしねスイーツクラブ)
 東根産フルーツを使用したスイーツを通して「東根産フルーツ」のブランド力推進と「果樹王国ひがしね」のPRを目的に、ひがしねスイーツクラブ会員店舗を紹介したパンフレットを制作するとともに、市内周遊機会を促進します。また、ライバル協定を締結している和歌山県並びに岡山市の団体と連携した事業展開を図ります。

(6)オリジナル商品の販売促進と新商品開発研究
 従来のチェリーピローヌ・クイーズやさくらんぼお好みソースの販売促進を図るとともに、果樹王国ひがしね6次産業化推進協議会の一員として、地域事業所と連携した加工品の開発、調査研究に取り組みます。

(7)ふるさと納税返礼品取扱事業
 東根市へのふるさと納税寄附者に対しての返礼品として、バリエーション豊富な本市特産品を提案するとともに、受注及び発送の窓口を当協会で取り扱うことで、会員の事務手続きの効率化と、会員及び本協会における収益確保に努めて参ります。また、地理的表示(GI)保護制度に登録予定の「東根さくらんぼ」を有効活用し、地域ブランド価値の向上を目指します。

(8)果樹王国ひがしねアンテナショップでの販売促進
 ネットショップの大手「楽天市場」へアンテナショップを開設し、市内関係事業所と連携を図り、東根産フルーツの販売促進、販路拡大に努め、東根市を全国に発信するとともに自主財源確保に向けたシステムを構築します。


6.東根市さくらんぼタント館管理運営事業の推進
 リニューアルオープンされる「東根市さくらんぼタント館」の指定管理者として、施設設備の保守点検を定期的に実施することで、適正な施設維持管理を遂行するととに、施設利用者の安全確保と公平なサービスの向上を図ります。特に、多機能型スペースやコワーキングスペース、東根市シルバー人材センターといった新しい施設機能がスタートすることに加え、昨秋オープンした公益文化施設「まなびあテラス」や県立東桜学館の開校により人の流れが大きく変わってきていることを踏まえ、施設内事業所間における情報の共有と、これまで培ってきた管理業務の実績をもとに社会情勢や顧客ニーズに応じた柔軟な対応と適正な管理運営に努めて参ります。また、リニューアルされた部分以外の施設設備等については老朽化も進んでいることから、利用者の安全を第一に段階的な修繕を進められるよう管理するとともに、駐車場における放置車両についても、東根市並びに関係機関と連携を図り、適切な環境の整備に努めて参ります。